「旅暦回顧録 トルコ編」

「旅暦回顧録 第12話」「トルコ編」
2009年11月、ドバイ経由でトルコに行った。ドバイでも博物館とか見たが、殆ど何もない。当然砂漠の民がいただけだろうから、石油が出なければ何もなくて当たり前だ。
さて、トルコはイスタンブールから反時計回りでトルコを廻る。最初に訪れたのは「トロイ」だ。埋もれていた遺跡がシュリーマンの手で発見されたのが1873年。今も観光用の木馬がある。(写真:A1)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10年にも亘って戦いがあった場所だ。(写真:A2)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「エフェソス」では世界最古の職業の印があった。足跡だ。(写真:A3)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

意味はこの足より大きな人は入っていいよということで売春宿だ。
エフェソスの野外劇場。(写真:A4)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

印象的だったのは、「パレッカム」(写真:A5)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

石灰の棚が出来ていて美しい。青い空が水に映る。
絨毯を編む女性。(写真:A6)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

世界三大料理と言えば、普通には「フランス」と「中国」となろうが、もう一つはそれぞれの国により感じ方が違う。トルコ人は自分のところだという。素焼きの壺で蒸し焼きにした料理だ。(写真:A7)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(写真:A8)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「カッパドキア」の不思議な岩。(写真:A9)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その昔、キリスト教徒が逃げて来て、ここで隠れて暮らしていたという。(写真:A10)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

早朝、バルーンに乗った。(写真:A11)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私がトルコから帰った後、ここでも墜落事故が起こった。
列車でイスタンブールに戻る。「ブルーモスク」だ。(写真:A12)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「グランド・バザール」(写真:A13)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「アタテュルク橋」(写真:A14)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トルコ中興の祖がアタテュルクだ。彼が文字をアルファベットに変えたという。今でもトルコで最も尊敬されている人だという。
「トプカプ宮殿」内のハーレム。(写真:A15)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イスタンブールには見るものも沢山あり、楽しい街ではあるが、兎に角道路が混んでいて大変だった。その後トルコには2014年1月に3S会でも行った。廻ったコースは殆ど一緒だった。
現地ガイドの話しによれば、トルコ人はアジア系だから親日家も多いという。1890年のトルコの戦艦「エルトゥール号」が和歌山沖で遭難事故を起こした時に、和歌山市民が沢山の兵士を救ったこともあり、映画化もされた。恩返しはイランイラク戦争時の日本人のバクダッドからの帰国時にトルコが助けてくれたことだろう。感謝。