「日展から」

「日展から」
岡山の日展入賞者の友人から「洋画」と題されていた日展の写真集が届けられた。良かったと思った作品の一つに「AFTER DARK」と言う中島謙太氏の絵があった。本を読む女性を描いたものだが、その美しい容姿に驚かされた作品だった。私は「加山雄三」氏の絵を持っているが、絵を買うのも大変だ。

「江戸の庶民の生活は楽だったか?65」
「離婚」
江戸時代にも離婚は多かったようだ。だが通説に言われているように男から一方的に離婚しないと出来なかった訳ではないようだ。形式としては「三行半」を夫が書いて妻に与えたが、実は合意の上で「夫である私は、私の都合で妻を離婚します。ですから妻が今後誰と再婚しようと異議は唱えません」という内容が「三行半」なのだという。一方、妻は「返り一札」を書き、夫に交換に渡したという。この返り一札がないと夫も再婚出来なかったという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です