「ハワイのステーキ」

「手前勝手世界食物語、第362号」
「ハワイのステーキ」
ハワイ滞在中2度も行った「デューク」だが、2度目で漸く食べられたのが写真のステーキだ。「スロー・ロウスト・スエア・リブ」が正式名称だ。厚さ2cmほどの肉でこれでミディアムの焼きだが、多分1ポンドはあるだろう。実に柔らかく且つジューシーで本当に美味しかった。最高だ。アメリカの牛肉も美味しいよ。日本のような霜降りではないが、赤身が実に肌理細やかで肉を食べてるという感触が充分に味合える。まあ、ハワイに行かれたら一度行ってみて損はないですよ。金額は約32ドル。それにサラダ・バーが約3ドルでした。同じホテルの2階にはチェーン店のステーキハウス「チャック’ス」も入っていたが、混み方が全然違う。店の前やバーで待っている人の数が全然違っていた。お客は美味しくてリーズナブルな店を確実に見つけて入るというのがよく分かる。チャックも何度かグアムで行ったが、それなりに美味しいステーキだったから、デュークの実力は凄いということだろう。勿論、もっと高級な店はいくらでもある。事実、アラモアナの屋上の店はワインは100ドル以上したが、ステーキも50ドル以上で非常に美味しかったが、高かった。セレブが来そうな店は美味しいのは当たり前だが、我々庶民にはそう度々訪れることは無理がある。また美味しいステーキを食べたいものだ。
以上、東京から勢古口がお送りしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です