「深川編2」

「採茶庵」
えんま堂から更に北に進む。「海辺橋」の手前左側に小さな「庵」がある。縁側に座っているのは「松尾芭蕉」翁の像だ。この像、手に杖を持っているのだが、何年か前に一度盗まれたことがあった。だから杖は二代目だ。この庵の手前を大川方面に行くと「芭蕉記念館」がある。芭蕉翁はこの近所に住んでいたらしい。色々なところに「句碑」もあり、芭蕉の面影を偲ばせる。

2013年の映画のお話し
映画「スタートレック・イントゥ・ダークネス」(日劇にて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年146作目)
お馴染みの映画が3Dで迫力満点かな。まあ楽しめます。

映画「オン・ザ・ロード」(日比谷シャンテシネにて) 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年147作目)
第二次世界大戦後のアメリカで作家を目指す青年が大陸を横断、往復しながらの青春を描く。若者の実態なのだろうか?

日経新聞8月30日付け夕刊「シネマ万華鏡」の評価によれば、「マン・オブ・スチール」が4つ星、「オン・ザ・ロード」が4つ星、「日本の悲劇」が3つ星、「夏の終り」が3つ星、「ゼンタイ」が3つ星、「恋の渦」が3つ星、「ジンジャーの朝」が3つ星でした。

「私の去年2013年の映画の評価は?」
今年の★★★★★は、「舟を編む」「少年H」「タイピスト」
今年の★★★★は、「シェフ」「アルバート氏の人生」「ライフ オブ パイ」「東京家族」「ムーンライズ・キングダム」「ジャンゴ」「愛、アムール」「ヒチコック」「天使の分け前」「藁の盾」「アイアンマン3」「ラストスタンド」「カルテット」「旅立ちの島唄」「奇跡のリンゴ」「アンコール」「真夏の方程式」「ワイルド・スピード ユーロミッション」「風立ちぬ」「クロワッサンで朝食を」「最愛の大地」「スマイル・アゲイン」

「シノプスシ234」
「岳飛伝5・紅星の章」(北方 謙三 著)集英社刊 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年255冊目)
南宋と金が争う時代。日本は平安末期。梁山泊も健在だった。そんな時代を活きた将軍「岳飛」の物語。「梁山泊」と「楊令伝」の続編だ。全て新刊本で買っている。

「螺鈿迷宮」(海堂 尊 著)角川文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年256冊目)

「岳飛伝6・転遠の章」(北方 謙三 著)集英社刊 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年257冊目)

「青竜の砦」(風野 真知雄 著)幻冬舎文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年258冊目)「爺いとひよこの捕物帖」シリーズ第4弾

「じゅう万石の誘い」(佐々木 裕一 著)二見時代文庫 私的批評眼(J’CRITICAL EYE)★★★(今年259冊目)「公家武者松平信平」シリーズ第7弾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です